最中好きじゃなくてもハマる美味しさ、愛知県 川村屋の日月もなか

最中好きじゃなくてもハマる美味しさ、愛知県 川村屋の日月もなか

愛知県豊田市の老舗和菓子屋 日月もなか総本舗 川村屋

日月もなか総本舗 川村屋さんは大正5年創業の老舗和菓子屋です。

足助町のお土産といえばの銘菓のようです。

もうだいぶ前の話。

田舎の母から送られてきた荷物の中にポンっと入っていた ”日月もなか”。

何か必要なものがあるときに田舎の母にお願いすると、その時実家にある頂き物や地元でとれた野菜などを一緒に送ってくれます。

頂き物の良さげなものが無ければ野菜やお菓子をわざわざ買って送ってくれたりして、送料もかかるしわざわざ買わなくてよいよと言うのですが、どこでも聞くお母さんあるあるです。

ですが、今回の日月もなかは田舎の母に感謝(笑)

自分では絶対買わない系なので知れてよかった、美味しかった、と意外なヒット商品でした。

是非ご紹介させて下さい ^^

日月もなか総本舗 川村屋

豊田市足助町田町22

0565-62-0014

愛知県 川村屋さんの日月もなかの値段、気になるカロリーは

1個 ¥108

5個入 ¥620

¥10個入り ¥1,120

カロリー 1個当たり 89キロカロリー

愛知県 川村屋さんの日月もなか 実食

オープン

真空パックになっています。

5個入 ¥620

それでは、いざ実食です。

最中を開けてみると↓

切ってみます↓

写真では伝わりにくいのですが、井村屋さんの日月もなかは餡がすごいと感じました。

白いんげんの“大手亡”(おおてぼう)を使用されているという白あんは、なぜか甘納豆を思わせる食感があり、とても癖になります。

餡なのにザクっと感じる歯ごたえが何とも言えなくて、なにこれ??なにこれ??と、もう一口、もう一口と進みます。

余分なものは一切使わず、自然の甘さを生かしたらとされる餡が こんなにも甘くて食感のあるものなのは本当に不思議。

ちょっと変わっているこの餡は、もしかすると好みが分かれるのかもしれませんが私は大好きでした。

餡が素晴らしくて、最中の皮の印象が薄いのは申し訳ありません。

ちなみに、本店限定の”大納言日月もなか”という商品があるらしいです。

愛知にはあまり用事がないのですが、オーダーされてから特製の餡子を最中に挟んで提供されるようで、最中の皮がサクサクなんですって。

サクサクの最中にザクザクの餡なんだろうか、大納言餡は柔らかタイプなんだろうか??これはめちゃくちゃ気になる~!!

用事があったら絶対行こう (´▽`)

美味しい最中を体験させて頂きありがとうございました。

ご馳走様でした m(_ _)m

楽天ではふるさと納税のページしか見つかりませんでした↓

以前にお土産で頂いた石川県の美味しいきんつばの記事はこちら

東京の最中なら空也もなかの記事はこちら 

ついでに

楽天で人気のある最中の詰め合わせ↓

楽天で人気のたい焼き↓

最後まで目を通していただき感謝です m(_ _)m

お取り寄せカテゴリの最新記事