産後ダイエットの始まり

NO IMAGE

妊娠経過からお話しします。

ご想像の通り、妊娠中はちょこちょこ太り過ぎで怒られていたpenです。

最初の体重測定の際、母子手帳に一生残るので重すぎると恥ずかしいなと下手に乙女な一面を出し、なるべく空腹で薄手の服で挑みました。

これがそもそも災いしたような気もします。

当時、ちょっとづつ太った体重は61キロくらいでした。

できたら50キロ台の記帳から始めたいと、お腹を空かせ服も薄手で挑んだのに、病院の方針で17週付近まで母子手帳には記帳されないという大誤算!!

なんてこったい。

でもカルテには前回の体重記録は残っているので、次の検診はもちろんお腹は空腹、服はどんどん薄手^_^;

体重を計る前には時計やネックレス、とにかく取れるものは取って、トイレも済ませて挑みましたよ。

それでも体重の増加で怒られることしばしば。

17週で65キロ。

65キロの記録から始まってしまった>_<

もちろんすぐ増える体重に怒られておりました。

臨月はプラス11キロで72キロくらいでしたが、出産当日は夜ご飯を食べた後の上、緊急事態。

服もいつもより厚手。

これはやばい。

まずいなぁとドキドキしながら乗った体重計は確かプラス13キロでした。

あえて体重は書きませんよ。

もちろん看護師さんになんでこの1日、2日でいきなりプラス2キロ?あれれという顔をされましたが、もう産まれそうなので看護師さんも注意している暇はありません。

とりあえず出産が無事終わり、総合病院の質素なご飯を食べて5日間過ごしました。

その際、病院で出されるもの以外の一切の食べ物は口にしていません。

我ながら頑張った。

向かいの若いママが、病院食を食べずにお母さんに毎日おやつを差し入れしてもらっている中、指をくわえながらよく頑張りました^_^;

が。

入院時プラス13キロだった体重が産んだあと66.4キロ。

退院時にどうなっていたかというと、

66キロ!!

って、全然減ってない。

病院食だけで我慢してたのに全然減ってないよ!

悲しい気持ちで家に帰りましたが、この時はまだ『おっぱいですぐ痩せるわ』くらいの気持ちでした。

なんせ1人目は1カ月で体重は元に戻りましたからね^ ^

秋に出産したのですが、毎日淡白な食事と食後のおやつとおやつとおやつで過ごしていたら、おっぱいで痩せるどころかどんどん体重が増えていき、クリスマスやお正月シーズンに突入。

お正月に実家で測った夜の体重は69.8キロ。

めっちゃ太っとるー!

(ちなみに69.8キロは夜ご飯の後で、次の日の朝1番は67.8キロでした。)

すごい体重差なのですが、実は私はめちゃくちゃ食べます。

夜にサラダとおやつ中心にお腹いっぱいまで食べるのですが、朝起きたら4キロ減ってる時がありました!

人間ってこんなに水分溜め込むの?とびっくりしたのを覚えています。

実家には体脂肪計がなくお正月の夜は測定できませんでした。

実家から戻って初めて体脂肪を測った際に29.8%という体脂肪率をみて驚愕し、怖くなってその後体脂肪率を一時期測りませんでしたので始めの頃の体脂肪率の記録がありません。

現実逃避。

(30パーセント台が出るのをみるのが怖いです。ずっと太っている人生のpenさんにもプライドがあります。ギリ、人生30パーセント台の体脂肪率にはなってないと信じて生きたいです。)

心が弱い。

その時はもう消えて無くなりたいような気持ちになりました。

30パーセントが脂肪。

人生で痩せていた時はないとはいえ、30パーセントの体脂肪率は初めてです。

赤ちゃんがいて本当に消えて居なくなるわけにはいきませんので一念発起、正月からなんとなくしているダイエットの強化を決意!

とにかく出来ることからやろうと決めました。

まずは毎朝の体重測定。

これはダイエットしないといけないと、なんとなく思ったお正月から測定していました。

あとは、少しでいいからエアロバイクに乗ることを目標に1/16から運動を開始しました。

ダイエット経過カテゴリの最新記事